works 施工事例

転生の家

浜松市南区

転生の家

息子さん夫婦との同居をきっかけに、2世帯それぞれのライフスタイルに合わせた暮らしを実現するため、80年の古民家をリノベーションしました。

ご予算に合わせて部屋を限定して、リノベーション工事を行うように工夫しました。

まずは、築80年の住宅の状態を調査。断熱強化のために高性能断熱材を充填し、サッシを取り替えることに。そのおかげで家中に筒抜けだった音の問題も軽減され、息子さん夫婦も安心して暮らせるようになりました。

工事前の2階の寝室は丸太を隠していたため天井が低く閉鎖的な感じでした。工事後は丸太を見せ天井が高くなったことで開放的になり、80年の歴史を感じつつ新しい生活も楽しめるようなリノベーションができました。


PICKUP

2階の寝室は、この丸太の梁を天井で隠していたため、天井が低く、圧迫感がありました。そこで、今回のリノベーションでは、丸太の梁が見えるような高い天井に変更。古民家のテイストを残しつつ、開放的な空間にしました。

夜は照明によって梁の陰影ができ、心安らぐ空間になりました。

リノベーション後のダイニング。流し台は、「キッチンハウス」の最新のシステムキッチンに取り替えました。お母さんとお嫁さんとキッチンに立っても十分な大きさです。

キッチンからL字に続くカウンターを設置ました。ここがちょっとした家事スペースに。

キッチン収納は、桑原建設オリジナルの造作家具を。チェッカーガラスが空間のアクセントになっています。

リノベーション前のキッチンの様子。リノベーションは、蓋を開けて見なければわからないことがおおいです、これまでの経験・実績から試行錯誤を凝らして暮らしやすい住まいへと生まれ変わらせることに面白さを感じます。

リノベーション前の2階寝室の様子。物がところ狭しと置かれ、足の踏み場もない状態でしたが、リノベーションを機に断捨離をすることができ、気持ちもスッキリ、新たな生活を送ることができたそう。

リノベーション前の2階の様子。80年という長い年月、ご家族の暮らしを支えてきた住まいの良さを引き継ぎながら新しい姿へと変わっていく…「年月が経っても、壊したくない。手入れをして、住み続けたい」そう思っていただけるような家を桑原建設も建てていこう、そのような想いが強くなりました。