Material 素材

世代から世代へと受け継がれる住まいに

これからの”生き方”を考え、”真の豊かさ”のある暮らしを

実現する住まいが世代を超えて愛され、受け継がれていくためにも、

素材へはとことんこだわっています。

遠州地域で育った木材・天竜材を使用しています

地元の木材・天竜材を積極的に使用するマルベリーハウス。木材は、伐採されてから30〜50年くらいが硬さのピークと言われていますが、100年以上にわたってその硬さを維持します。

上質な木材と確かな施工技術が掛け合わさることで、世代を超え受け継がれる住まいを実現します。

地元で育った材を使用することは、自然環境を守ることにもつながります。

木材を運ぶ際にかかるエネルギーが少なくなるだけでなく、伐採され、新たに植林された木々が育つことでCO2を吸収する山へと生まれ変わるのです。また、山が水を貯え、土砂災害を防いでくれるといった役割も果たしてくれます。
さらに、私たちは内部割れの可能性のある機械乾燥材ではなく内部割れのない自然乾燥材を使用しています。

家の外も中も珪藻土の塗り壁を採用しています

マルベリーハウスでは、
家の中に天然の珪藻土の塗り壁を採用しています。

珪藻土は、細かな孔(目に見えない隙間)がたくさんあり、
その孔に水分を蓄えたり吐き出したりして湿度を調整してくれるのです。

高い調湿作用のおかげで結露やカビ、
ダニの発生をも抑制してくれるのです。

また、シックハウス症候群の原因といわれる
ホルムアルデヒドといった有害物質を分解してくれます。

天然の珪藻土は住まう人の健康にもつながる
素晴らしい素材なのです。

外壁にはガルバリウム鋼板や塗り壁を

私たちは、外壁材としてサイディングではなく、ガルバリウム鋼板や塗り壁をおすすめしています。その理由は、メンテナンス費用といった「トータルコスト」にあります。

イニシャルコスト(初期費用)だけで比べるなら、ガルバリウム鋼板や塗り壁よりも安くできる外壁材はありますが、新築から12年~13年ほどでメンテナンスが必要になります。

外壁のメンテナンス費用は足場代などを含めて、多くのケースで100万円以上に。一方、ガルバリウム鋼板の耐用年数は30年~35年ほどです。

当然、長期的に見れば、メンテナンス費を抑えられ、「初期費用+メンテナンス費」のトータルコストもガルバリウム鋼板の方が安くなります。

また、左官職人が漆喰やモルタルなど様々な材料を使い手仕事で仕上げる塗り壁も、きちんとした技術で施工すれば、塗り替えなどのメンテナンスの負担は比較的少なくなります。メンテナンス費だけでなく左官職人による手作業の風合は愛着がわき、飽きのこない仕上がりになります。

建具や造作家具はすべてオリジナル

「世代を超え住み継がれる家は、いつまでも雰囲気のよい家であってほしい」その想いから、マルベリーハウスで使われる戸やドアといった建具は、本物の木を使ったオリジナル。

築年数の経過とともに、少しずつ表面の風合いが変化し、趣が出てきます。そして、使えば使うほどに愛着がわく建具なのです。

工業製品のようにつくられた既製の建具でも、木目調などナチュラルな外観のものはあります。しかし、それらの多くは表面が化学製品でできたシート張りのため、年とともに劣化します。結果として、古臭さが強く感じられるようになってしまいます。

また、既製品には必ず廃番があります。廃番になった商品はある一定の期間が過ぎると部品がなくなってしまいます。建具に限らず私たちは極力既製品は使わないようにしています。世代を超えて住み継がれる家は、建具にも関心を払うべきだと思っています。