spec 性能・仕様

性能や技術に一切妥協しません

「地震に強い家」「自然素材をふんだんに使った家」…

真に質が高い住まいを提供したい。ご家族の命、暮らしを

支える住まいだからこそ一切の妥協は許しません。

マルベリーハウスの家づくりなら、安心していただける自信があります。

パッシブデザインを取り入れた家計にやさしく、健康を保つ家づくり

太陽・風といった自然の力を上手に活用するパッシブデザインの家であるマルベリーハウスは、高気密・高断熱な仕様です。

少ない冷暖房エネルギーで年中快適な暮らしを送ることができるので、光熱費を抑えることができます。

そして家族の健康を保つ暮らしを送ることができます。また高気密・高断熱の家では部屋ごとの温度ムラが少なくなり冬の季節にはどの部屋にいても暖かくなります。こうした家に住むと体の負担が減り、血圧の上昇を抑えひいては健康寿命も伸びることはここ数年の研究ではっきりしてきました。

ただ、高気密・高断熱の家ではありますが、一年中窓を閉め切るのではなく、気候の良い時季は窓を開け放ち、風や光を感じて頂き気持ちの良い暮らしを送ってほしいです。

許容応力度計算を促した在来軸組構法を採用

柱と梁・桁といった軸組で住まいを支える工法です。

日本の気候風土に合わせただけでなく、
木の性質もきちんと理解した上での工法です。

木造軸組工法のメリットとしては、
「間取りの自由度が高い」「大きな開口部を取れる」
ことが挙げられます。

そして今まで職人の勘や経験に頼りがちだった柱や梁の寸法等を許容応力度計算を行いしっかりとした根拠のある数字を算出して、住まいてに安心して住んで頂けるようにしています。

住まいを支える基礎は、地震に強い「ベタ基礎」を採用

“ 面”全体で建物荷重を支える「ベタ基礎」を採用しています。

許容応力度計算によって、鉄筋のピッチ、底板の厚み、
地中梁の有無を判定し、施工しています。

桑原建設の基礎は、”ベタ基礎だから”安心ではなく、
このようなきちんとした根拠があるから安心と言えるのです。

床下には、防湿シートを敷き、
地盤面からの湿気をシャットアウトします。
腐朽菌の繁殖を防ぐほか、シロアリが侵入しにくい
構造となっています。

マルベリーハウスの標準仕様

構造材(柱、梁)「天竜材」

現在、天竜の人工林では第二次世界大戦後に植林し、成長した樹齢41〜60年のスギ、ヒノキが多くあります。住宅に使用する木材として適しているといわれる樹齢51年以上のものは全体の約60%を占めています。マルベリーハウスでは、柱や梁といった住まいを支える大切な構造材に天然乾燥の天竜材を採用しています。

断熱等性能等級4の「パーフェクトバリア」

リサイクルペット樹脂からできていて、「赤ちゃんがくるまっても安心な断熱材」です。一般住宅だけでなく、北里研究所病院内の科学物質過敏症・シックハウス症候群の患者用療養施設「ケミカルフリーハウス」にも採用されており、その安全性は折り紙付きです。
http://www.endeavorhouse.co.jp/
パーフェクトバリア/エンデバーハウス株式会社

屋根の断熱材には「フェノバボード」

熱伝導率が空気よりも低い「フェノバボード」は、最高ランクの断熱性能を誇ります。外気温の影響から室内の温熱環境を守るために施工する屋根だからこそ「フェノバボード」を採用しています。
http://www.sekisui-phenova.com/f/01.html
フェノバボード/フクビ化学工業株式会社

床の断熱材には「カネライトスーパーE-Ⅲ」

世界初ノンフロンタイプの高性能断熱材「カネライトスーパーE-Ⅲ」。オゾン層を破壊し、地球温暖化の原因にもなるフロンを発生しない環境に優しい断熱材なのです。独立した小さな気泡の中に気体を閉じ込めることにより、熱を遮り、結露を抑制します。
http://www.kaneka.co.jp/
カネライトスーパーE-Ⅲ/株式会社カネカ

耐震には「コーチパネルと耐震金物」

マルベリーハウスでは、最高等級である耐震等級3を標準使用でクリア。高い耐震性のために採用しているのは、高耐震パネル「コーチパネル」。建物にかかる地震の揺れを面で受け、余震に耐える抜群の粘り強さがあります。また、土台と柱、梁と柱などを緊結する金物は高性能耐震金物を採用しコーチパネルを併用し耐震等級3の家を実現しています。
http://www.ko-chi-panel.jp/
コーチパーネル/コーチ株式会社

夏涼しく、冬暖かい暮らしを実現する「窓」

夏涼しく、冬暖かい暮らしを実現するために、高性能樹脂サッシ「樹脂サッシAPW330(YKK)」を標準採用。断熱性に優れ、冷暖房の消費エネルギーを大幅に抑えることができます。快適な室内環境は、マルベリーハウスで体感できます。
http://www.ykkap.co.jp/
YKK APW330/YKK AP株式会社

空気環境を快適にする「MSデマンド換気システム」

「MSデマンド換気システム」は、「必要なときに、必要な場所を、必要な分だけ換気する」ことを実現した換気システムです。人の集まる部屋の換気量を増やすので、ムダがなく、快適な空気環境を実現します。
http://www.ms-matsunaga.jp/
MSデマンドシステム/株式会社マツナガ

気密性能を担保する「防湿工事と気密測定」

断熱材の性能を引き出すためには建物の気密性が重要です。また壁内に湿気を入れないための防湿工事は柱や梁等の構造体を長持ちさせるために重要です。マルベリーハウスでは気密防湿工事には細心の注意を払って施工しています。特に気密性能は、現場での測定の数値が全てですので、気密測定も工事中と竣工の2度全棟に実施し、施工精度を確認したうえでお客様へお引き渡しをしています。

清掃や補修のしやすいヘッダー排水管

トイレやお風呂などの排水管を、屋内1ヶ所にまとめ、宅外に流す方式を採用しています。見た目もすっきりし、外構工事の自由度が増します。また、地中に埋めないため、保守点検がしやすくなり、基礎を貫通させる排水管が減るので耐震性にも効果的なんです。維持管理を容易にし、長く安心して住み続けていただくことにもつながります。

街のなかでできる「持続可能な庭」

パーマカルチャーの考え方の庭づくりを、ぜひみなさんの家の庭でも実践してほしいと私たちは考えています。手塩にかけて育てた植物からは、庭の大きい小さいに関係なく庭からの恵みもを受け取れる喜びがあることを、ご家族みなさんで知ってほしいと思っています。

シロアリ対策に「ホウ酸処理」

大切な住まいを「シロアリ」から守るためにマルベリーハウスではホウ酸処理を施しています。ホウ酸は自然界のどこにでも存在している、環境や人体への影響がない天然素材なのです。また、シロアリ対策になるだけでなく、腐朽菌による腐敗や他害虫による被害も防ぐことができます。さらにその効果が薄れることもないので、とても経済的なんです。
https://borate.jp/
ポロンDEガード/日本ボレイト株式会社

床は無垢材を採用

床には無垢材を採用。調湿性、保温性に優れており、快適な室内環境を実現してくれます。また、無垢のサラッとした肌触りも心地よくつい裸足で過ごしたくなる快適さ。過ごしていくと人の油でツヤが増し、より心地よく感じます。生活をしていく上で傷はつきもの、日々の暮らしの証。長く住む事で無垢材の風合いの変化もぜひ楽しんでください。

外壁には「しらすそとん壁」等、塗り壁を採用

マグマが岩石となる前に粉末になった物質である「シラス」を使った外壁です。100%天然素材なので体にも優しい素材です。シラスの産地は南九州です。耐久性がとても高く、建物の維持管理がとてもしやすいという特徴があります。また、カビの繁殖も抑えてくれます。ただし、排気ガスなどで汚れることがありますので、汚れが気になったらお手入れをして下さい。
http://www.takachiho-shirasu.co.jp/
しらすそとん壁/高千穂シラス株式会社

内壁には天然の土壁を採用

天然素材から成る体にやさしい土壁「天然スタイル土壁」を採用。調湿や脱臭といった優れた機能を発揮します。また、塗りやすさと扱いやすさから施工性もアップすると左官屋さんにも好評な素材です。ざらざらとした土壁ならではの素材感も楽しめるのも魅力です。
https://nmtecs.jp/
天然スタイル土壁/日本エムテクス株式会社

長期優良住宅の基準を超える高性能住宅

「家族の絆が生まれ、思い出が詰まった家を20年、30年経ったら建て替える”使い捨て”の時代は終わってほしい…100年に渡り住み継がれる家を提供したい。」

この強い想いがある私たちにとって、
いつまでも快適に住めることは基本中の基本と考えています。

そのため、省エネルギー性能の高い家であることはもちろんのこと、
劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、
バリアフリー性能などを高め、
長期優良住宅の基準を超える性能の家を標準としています。

※桑原建設では、全棟長期優良住宅の認定を取得しています。

  長期優良住宅の主要な4項目
耐震性 地震に強く、継続した生活ができる安全の家
省エネルギー性 地球環境や家計にも貢献できる断熱性能などが伴った家
耐久性能
(劣化対策)
数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できる家
維持管理更新の容易性 構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理(掃除・点検・補修・更新)を容易に行うために必要な措置が講じられている家
  一般基準 当社基準 当社対応・実績
耐震性等級 2以上 3以上 全棟許容応力度計算を実施
省エネルギー対策等級 4相当 4以上 UA値0.5 HEAT20G1以上
耐久性等級 3相当 全棟通気工法及びホウ酸処理で施工
維持管理対策等級 3相当 全棟配水ヘッダー使用

※HEAT20G1とは…「HEAT20」とは、2009年に発足された断熱・省エネに関する有識者が集まった民間団体。

※UA値とは…家全体の断熱性能を表す数値のこと。建物の中と外の気温差が1℃のとき逃げていく熱量を、壁や窓、屋根、床など外部に触れているところ全部の面積(外皮面積)で割り、算出します。数値が低ければ低いほど、断熱性能が高いと言える。

2019年には受注する住宅の50%を
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に

「ZEHビルダー」として登録されるためには、2020年度の「ZEH普及目標」を50%以上とすればよいのですが、「Mulberry House(マルベリーハウス)」では1年早く50%を達成する(Nearly ZEHを含む)計画です。

暑い夏でも、寒い冬でも、エアコンの使用量が少なくて済む桑原建設のZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)。高断熱・高気密の最新技術を取り入れていることはもちろん、無垢の木、珪藻土などの自然素材をふんだんに使っているところが、大きな特長です。

木のあたたかみ、珪藻土の味わいは、大量に建てられる画一的な家では実現できません。「Mulberry House(マルベリーハウス)」桑原建設がご提案するのは、私たちにしかつくれないゼロエネルギーハウスです。

《ZEHビルダー一覧》(一般社団法人環境共創イニシアチブ)
https://sii.or.jp/zeh28/builder/search/

ご要望によって「住宅性能表示制度」にも対応いたします。

「住宅性能表示制度」は、国が定める性能評価項目・評価基準に基づき、登録住宅性能機関と言われる第三機関が住宅を評価する表示制度です。
新築住宅では、10分野33項目で住宅の基本的な性能を評価します。(4分野9項目が必須)評価は、設計図書だけの審査による「設計住宅性能評価」と、その「設計住宅性能評価書」に示された性能が担保できているか施工現場で検査まで行う「建設住宅性能評価」の2タイプがあります。
建築中も、お引渡し後も安定した「安心」を持ち続けていただくため、家づくりの体制を整えてご提案しています。

マルベリーハウスを体感できます