works 施工事例

連理木の家

連理木の家

2019年夏に完成した「連理木の家」は、南北に細長い敷地に建てられた住まいです。将来的な敷地の活用までをも視野に入れ、建物の配置を設計しました。


PICKUP

北側道路で縦長の敷地の住まいです。路面側には化粧格子をしつらえてあり、シルバーの外壁とのコントラストが印象深い外観です。

建物の東側に配置された玄関。対面にはベンチを設けました。

吹抜けのあるLDK。仲良し家族が、自然と集まる空間です。床材のアカシアは、一枚一枚、色合いが違い、さまざまな表情を味わえるのが魅力です。

キッチンは、奥さまの希望で少し「おこもり感」のある設計です。落ち着いたグリーンのタイルは、アクセントとなるようマルベリーハウスより提案しました。カウンターでは、二人のお子さまが宿題をして過ごします。

南面のウッドデッキは、アウトドアリビングとして日常的に利用していただけます。自然を感じながら暮らすことの喜びを、住まい手に味わっていただきたいと考えています。

大容量シンクが据えられた洗面台化粧台。洗面室の空間にマッチするよう、マルベリーハウスで設計製作したオリジナル洗面化粧台です。

玄関からアクセスできるご主人さまの事務スペースです。リモートワークの普及に伴い、SOHOスタイルの需要が高まっていくこと間違いないですね、このような場所は、これからの家づくりにおいては必須ですね。

広々ウッドデッキでは毎日お子さまたちが楽しく遊んでくれています。外壁仕上げは「木羽目板よろい張り」。陰影が出て趣深い印象になります。

夜になり照明が灯り、格子越しの明かりが日中とは異なる印象に。暖かく柔らかい雰囲気が、帰路についた住まい手をやさしく迎え入れます。

風や光を通すための格子も、照明があたることで日中とは異なる空間を生み出します。