,瑠璃色の家 - 浜松の新築注文住宅なら桑原建設

works 施工事例

瑠璃色の家

瑠璃色の家

奥さまのピアノ室やご主人の音楽室、パッシブデザインなど、たくさんのこだわりが詰まった「瑠璃色の家」。東側の窓からは田や川を眺めることができる、素敵なロケーションを活かした住まいです。


PICKUP

スタイリッシュな片流れの外観。1階庇はスッキリとした納まりとし、全体のデザインバランスを崩さないように工夫しました。

LDKは奥行きを感じる間取り。キッチン前に取り付けたカウンターでは子供が勉強をしたり、食事をしたり、フレキシブルな使い方が可能です。ニッチのモザイクタイルがアクセントになっています。

リビングには吹抜けから光が注ぎます。高気密、高断熱の家なので、電気代も節約できて、前の住居よりも格段に住みやすくなっているとのこと。嬉しい限りです。

リビング階段は、スリットにすることで視線のヌケ感をつくります。こういった設計の工夫で、コンパクトな空間を広々と見せることも可能です。

玄関ドアを開けると造作の壁。住まいの顔となるよう、存在感のあるアンティークガラスでアクセントをつけています。左へ行くとピアノ室。右に行けばLDK。正面の造作壁の向こう側にはお手洗いを設けています。

玄関のシューズクロークは、キッチンパントリーに直結しています。日々の買い物では、飲料など重量のあるものも多いため、このように玄関直通のキッチンもおすすめです。

リビングから一体となったウッドデッキ。道路に面している箇所ですが、きちんとウッドフェンスを立てて視線を遮ることで、プライバシーが守られたプライベート空間になります。

ほどよく視線を遮りつつ、風を通す格子。空調の効率を高めるための工夫でもあります。

二階吹抜けです。冬の日射を採り入れ、一階リビングに届ける、いわゆるパッシブデザインを採用しています。

ロフトへの階段。格子の奥には吹抜けが配置されています。

3畳の洗面室では、室内干しも可能です。空間に合わせて寸法が自由に設計にできるのが、造作洗面台の最大のメリットです。オリジナリティもあり、使うほどに愛着が湧きますね。

奥さまのピアノ教室で使用する、専用のピアノ室。玄関を挟んでLDKの反対にあるため、生活音の影響がありません。

ご主人の秘密基地とも言える、二階の音楽室です。ロマンのある空間だと思いませんか?

二階寝室。風景を活かすピクチャーウィンドウを設けました。夜は、間接照明が落ち着いた雰囲気を演出します。