works 施工事例

連綿の家

浜松市中区富塚町

連綿の家

佐鳴湖畔に建つ平屋中古住宅を購入し、増築リフォームを施した、ご家族4人が暮らす「連綿の家」。家の中だけでなく、外で過ごす時間も充実する家となっています。

太陽の光や風を感じるパッシブデザインを取り入れたその空間で、季節や自然を五感で味わう暮らしを送ることができます。


PICKUP

家へのアプローチは石畳に。家を取り巻く環境の整備も豊かな暮らしには必要な要素だと思いませんか?

玄関に入ると、桑原建設オリジナルの建具を取り付けたシューズインクロークが。チェッカー硝子を取り入れることでシンプルな玄関も意匠性が高まります。土間を採用した収納スペースですので、外で使用するものも楽々収納できます。

ロフトスペースのあるリビングは、元々あった天井を取り払い、丸太の梁を見せた明るく開放的な空間に。アカシアの無垢フローリングが良い味を出しています。

ご夫婦でキッチンに立ちながら、リビングで遊ぶお子さんを見守る…そんなシーンが想像できるリビングキッチンです。

ウッドデッキを囲うように配置されたLDKによりキッチンに立ちながら、ダイニングで食事をしながら、リビングでくつろぎながら…いつどんな時も外に視界が抜け、心地よい空間に。

1本の木を配したウッドデッキはコの字で囲い、プライベートな屋外空間を実現しています。

心地よい風が抜ける日は窓を開け放って、室内でも風を感じる暮らし。木陰に身を置いて、外で過ごす時間の豊かさを感じる暮らしを。

昼間は照明を付けなくても十分な明るさを確保できます。
キッチンと横並びのダイニングは、間仕切りを設けることでほど良い距離感を生む空間となり、ダイニングで宿題に励むお子さんも集中できる空間に。

ダイニングテーブルの背面には奥様の家事スペースを設けました。お子さんとコミュニケーションを取りながら互いの時間を大切にする空間に。

増築部分の子ども部屋も太陽の光で十分明るい空間に。ダイナミックな化粧梁が空間のアクセントになっています。

間接照明を採用した柔らかな光を感じる寝室は、1日の疲れを癒す空間に。

子ども部屋にキャットウォークを設けました。高窓の掃除も楽に行えます。