,至考の家 - 浜松の新築注文住宅なら桑原建設

works 施工事例

至考の家

袋井市

至考の家

冬の陽光が家の奥まで届いて、蓄えた暖かさで夜もぽかぽか。中庭のシンボルツリーを囲うように「コ」の字型をした建物は、どの部屋にいても外の緑を身近に感じられます。

S様の親夫婦が住まわれるため、身体に負担をかけず、いつまでも楽に暮らせるようにと、平屋をご希望。空間の広がりを演出するために勾配天井とした棟もあります。

入り口の土間から続く廊下には、南面に大きな窓があり、暖かい太陽の光をリビングにまで呼び込みます。リビングからは、廊下の窓を通して庭を眺められます。
暑い季節には窓を開け放ち心地よい風が得られるように、通風計画を念入りに行いました。夏でも時間帯によっては心地よい風が通り抜けます。

PICKUP

身体に負担をかけず、いつまでも楽に暮らせるようにと、平屋をご希望。
中庭のシンボルツリーを囲うように「コ」の字型をした建物は、どの部屋にいても外の緑を身近に感じられます。

入り口の土間から続く廊下には、南面に大きな窓があり、暖かい太陽の光をリビングにまで呼び込みます。

暑い季節には窓を開け放てば、心地よい風が得られるように、通風計画を念入りに行いました。夏でも時間帯によっては心地よい風が通り抜けます。

自然の光や風の流れを暮らしに合わせてコントロールする建具は、既成品は使わず、S様邸にぴったりのものを造作しました。南面の大きな窓と廊下を通り抜けて太陽の光が届くリビングと廊下を仕切る建具には、白濁色のアクリル板を取り付けました。強い陽光を障子のようにやわらげ、リビングを均等にほどよく照らしてくれます。

ヒノキの床や、珪藻土の壁など、たくさんの自然素材を取り入れました。木の香りがふわりと漂う癒しの住まいです。

キッチン横には広々とした収納庫を設けました。家事ラク動線を実現しています。

楽器が趣味の息子さんの部屋も木のぬくもりで溢れています。

手づくりの暮らしを楽しむS様。庭で採れた食材を食卓に並べたり、麹から味噌をつくったり、梅干しや梅酒を漬けたり…。季節の実りにちょっと手を加えることで感じられる豊かさのある暮らしを送られています。